カラーエナジーワールド沖縄ヒーリングサロン
ホーム  挨拶  メニュー            

ご感想はこちらへどうぞ 

ビーチで爽快!


 百名(ひゃくな)ビーチ
 真栄田岬近くのビーチ
   沖縄美ら海 その① 「青光りする海」
 前田食堂の前のビーチ(大宜味村)
 阿波連(あはれん)ビーチ
 ブセナホテルのビーチ


百名(ひゃくな)ビーチ

那覇市に住んでる人にビーチといえば、那覇市の”波の上ビーチ”あるいは、南城市の”新原(ミーバル)ビーチ”と答える。
その新原ビーチと百名ビーチは繋がっている。
だからとってもアクセスが良い・・・って言っても、つい最近道路が開通して楽になったけど、去年までは剥き出しの砂利道くねくねだったなあ。
有名な新原ビーチは海の家やシャワーやトイレが完備しているし、観光バスやタクシーがわんさと常駐してるし、喫茶店も沢山軒を連ねている。

対してこの、百名ビーチ。
何もない。
しかし、ビーチの入り口にど~んと浜川(はまがー)御嶽(沖縄の聖地)が存在し、そこには神話まであるらしい。
百名ビーチからは、沖縄神話のはじまりの久高島も望める。
そんな神話を全く知らずに、移住当初からヤミツキで通っていたビーチがここ。
知らないほうが楽しめるんだよね。

気持ちが良いので、長くいると眠くなる。
通いはじめの頃はやたら頭が痛くて不思議に思っていたっけなあ。
海にいると、そこはかとなく百合の花のような香りが漂ってくるが、花なんて見えるところにはなくて、いつも海で花の香りを楽しむなんて、不思議な事をしてしまう。

浜川(はまがー)御嶽はエネルギースポットだけど、ここでご案内しよう。
何十枚と写真を撮ったのだが、1枚もはっきりと撮れなかった。
樹々のうっそうとした暗がりの中で撮った写真は、全部フラッシュなしで太陽の光を浴びて白く光っていた。
ただ感じて、浸ってみてね。



白い砂と岩がごつごつ百名ビーチ


百名ビーチの木


浜川御嶽の向かい側


この逞しい根・根・根。

隆々とした根。


デジカメを握って満ちていた。
見ている私は見られていた。
ありがとう。

浜川御嶽の隣の樹木と溢れる光。

あ、光ってる。

どんどん光がいっぱいに。

光が増えていく。



聖地の後ろの茂み。
どうしてかぼけてしまうけどそれがここのエネルギーなのかな。


ここは感謝の気持ちがつい、溢れてしまう。
ようこそと招かれているようなエネルギー。







真栄田岬近くのビーチ

ダイビングスポットの真栄田岬には、いつもダイバーズショップのバンが入りきらないくらいに所狭しと駐めてある。脇では大きなボンベを背負いながらレクチャーを受ける人、ぴちぴちのスーツを脱ぎながらポリバケツの水を浴びる人、観ているだけで気分が盛り上がる。
初心者でも綺麗な熱帯魚と遊べる有名な場所だ。
ガタイの良い米軍の皆さんと列を為して岬を下りた時には、その巨体に挟まれていることが、高い岬から断崖絶壁を下るよりもなんだかスリリングだった。(米映画に出てくる軍事訓練の列に闖入にてしまったことを想像してみよう・・・うはは。)

そのままシュノーケリングで泳いでも、竜宮城か!?と言わんばかりの派手派手のどでかい熱帯魚が目前で大量に泳いでいるのを観る事ができる。ソーセージなど、手から食べてくれる。

ご紹介するビーチは、それより少し、残波寄りの名前も知らないビーチ。
入り口には沖縄式の大きなお墓があって、赤い土の畑には沢山のさとうきびが植わり、揺れている。(4月現在は刈り入れられて全くないが。)その合間の白い道を歩いていって、ごつごつした坂道を少し下りれば、白い砂浜のビーチが開けている。

潮の引いたところを一緒に歩いてみようよ。



この先はビーチ。




真栄田岬のそばのビーチの白い砂浜
 ビーチの白い砂浜に到着。
 
 岩陰に荷物を置いて
 ビーチベッドを広げて
 
 寝転がりながらビール。
 ぷは~~。
 美味い。
 そろそろ行くか



 干潮の日は、沢山の貝や魚が残ったプールに沢山いるんだ。
 それを見つけに行こうかな。


雲丹が一杯。でも食べられない。
 ウニを発見。
 でもこれは食べられないんだよな。
 こんなにあるのになあ。
 (黒い点々が全てウニです。)




ピンクの珊瑚。花のよう。
 さんご。
 美しい花のように咲いている。

















ひょっこり顔を出している珊瑚


薄紫の珊瑚




ここは洞窟の入り口。


洞窟探検入り口




魚は遊んでいる。
遊ぶ魚
魚は遊んでいる。
私も夢中で遊んでいる。


洞窟の出口。


洞窟は数分の道のり。中にはアドベンチャーがいっぱいなの。それは秘密。ここが終点。






岩上の花。


 岩の上に花が咲いていた。
 今日もいっぱい遊んだな。

子供心がうずうずするような、元気を創り出す
ここは活力溢れるエネルギー。



 




沖縄の美ら海

その① 「青光りする海」

いつも行く、大好きなリーフの海岸は
干潮時になると、遠浅となり
いくつもの水たまりのようなプールが出現します!

海水が残っている所に魚たちが逃げ込みますので海の水族館のようです!


特に目を惹くのは
蛍光色に光る青魚の群れ



凄いでしょ♪
海水が透明なので、魚が空中を泳いでいるみたいです!


この中に手を入れると、
手を餌だと思って
カワイイお口で突っついてくれるんです。

たまりません^▽^



台風が来ると、
人間にはとっても深刻になりますが、

台風によって上昇しすぎた海水の温度が下がり、
サンゴや海の生態系にはとても必要な事だと聞きます。

そういえば、
この青魚も台風のあたり年には増えている気がします。


自然が齎す現象は
この地球の自然を整えようとバランスしている


台風後 しばらくしてから
海に行くのが楽しみです!





 



カラーエナジーワールド 沖縄ヒーリングサロン
当HP内の文章・画像の無許可転載・転用を禁止します。
 Copyright c 2008 Okinawa Healing Salon All Rights Reserved

 青トップ  ホーム