カラーエナジーワールド沖縄ヒーリングサロン
ホーム  挨拶  メニュー            

ご感想はこちらへどうぞ 

青の観光スポットでエネルギーチャージ!!

Ⅱ

青の観光スポットⅡ

 「美ら海水族館」
 「ホエールウォッチング」
 「イルカと遊ぶ」
 
青の観光スポットⅠ 
 「辺戸岬(へどみさき)」
 「垣花樋川(カキノハナヒージャ)」
 「比地大滝(ひじおおたき)」

 



「美ら海水族館」


1月の下旬、私は沖縄の冬に初の美ら海水族館へ行きました。

沖縄の水族館は凄い!!

って何が凄いかというと、ジンベエザメとエイがたくさん泳いでいます。それほど大きな水槽なのです。
水槽の厚さは60cmもあり、25メートルプール5杯分の水が入っているとか。

こちらは多くの観光客の方が集まる場所となっていますが、水槽の大きさと構造上、それほど人混みの圧迫感はありませんでした。

私は、この水族館にはまってしまい、この後も幾度か足を運びました。

この水族館は国営海洋博公園内にありますので、天気のいい日には大きな公園内を散歩するのもGoodです。

美ら海(ちゅらうみ)水族館の仲間たちはこの沖縄の海に生息している生き物のみです。今回はその仲間たちを少しご紹介しますね。

入ってすぐにサンゴ達がお出迎え。ヒトデ達を触れられるのです!

大好きなビーチにいる青魚たちもいました。




かわいいでしょ♪

進んでいくと様々な海水魚達と出会えます。


可愛い仲間達がお出迎えをしてくれました!!



「ようこそ!!沖縄へ」


「こんにちは!!!!!」

と仲間たちがニョロニョロと出てきてくれました。
  
テレビマンガで見かけたニョロニョロさん達ですか???




ニョロニョロに気をとられていましたら、大将の登場です。

もしや、中に人の腕が入っていませんか?と思うほどの大きさです。




サメが、どんな奴が来たんだ!!と見に来ました。



サメや大将まで出させたので、魚達が私たちを見に来ました。

私たちは魚としばしの間、遊びました。

元気いっぱいな魚たち!!

そして沖縄の海には大きな熱帯魚が遊んでいます。

美しい彼らの姿をご覧あれ・・・




うふふっ。マリンスポーツスーツを着ているみたい。



ん~~~!色彩がステキ♪


園内には軽い食事をしながら海の仲間たちが遊んでいるところを見れる場所があります。

そこで、マンタが来てくれました。




マンタの華麗な舞を見させていただいていましたら、

後から後から、何匹も来てくれました。大サービスをありがとう!!




まるで、大空を羽ばたいているように感じました。

どのような場所にいても優雅に羽ばたくマンタから生き物の強さとシンプルな幸せを感じました。


この水族館の人気者!!ジンベエサメが近くに来て私たちを見に来ました。

「おお~~っ!」 大きい・・・



迫力ありすぎです。

優しい瞳のジンベエザメ。
みんなの人気者になれるのがわかります。

魚たちはいつもジンベエサメの周りいました。




時間が許す限り、ジンベエサメを眺めていました。

この巨大水槽は、ジンベエサメが縦に立つ事が出来るくらいの高さで作ったそうです。


この巨大水槽の上(餌やり場)を見ることが出来るチケットを園内で頂き、行ってみました。



群れをなして泳ぐ魚たち、水上からの眺めもステキです。

ジンベエサメがやってきてくれました!


なかなか見ることの出来ない光景にウキウキです♪


美ら海水族館を堪能したあと、外に出て公園内にある「イルカショー」に行きました。

ここは、入園無料です。

ワクワク!!

イルカたちが演技をしながら挨拶をしてくれています。

んんんん~~~かわいい!



そしてたくさん飛んで、彼らの「演技」と「学び」と「遊び心」を見せてくれました。




「ブラボー!!!」

あっという間に終わってしまったと思えるほど、夢中になって見ていました。

イルカたちは真剣に芸をしてくれているのではありません。
真剣なのは調教師さん。

調教師さんとの交流を楽しみながらジャンプをしています。

遊ぶこと、楽しむことに真剣なのです。

子供達が真剣に遊び楽しみながら満面の笑みをしているかのようなイルカ達。
とても幸せな気持ちでした。


熱い舞台をありがとう!

満足、満足でした。



帰りに私の大好きな「海がめ」がお見送りをしてくれました。


「また、遊ぼうね!!」って・・・









「ホエールウォッチング」


2月のある日。
沖縄では2月が一番寒い月です。とはいっても、最低気温が10度を下回ることはありません。

それでもこの日は快晴でとても暖かい絶好の船出日和。
そんな日に私たちは「クジラツアー=ホエールウォッチング」に出掛けました。



沖縄県座間味諸島沖には、12月にもなると(メインは1月~3月)
クジラが繁殖にやってくるので、町中のいたるところに
「ホエールウォッチング¥○○ー」という看板が目に付くようになります。

ネットもチェックして吟味し、クジラにゼッタイ逢えるツアーへ。

そして、その日がやってきました。


座間味諸島地図


ボートに乗り込んで、いざ出発!!

静かな海をボートでお散歩気分

気持ちイイ潮風を浴びながら座間味諸島沖まで向かいます。

すると、海上に船団が見えてきました。

最初にクジラを見つけた船はベストポイントで見ることができます。

後から着いた船はクジラが驚かないように離れて見学です。


徐々に近づいて行きます。

クジラが、いるのはすぐそこです!!

すぐさま船はエンジンを切ります。
クジラを驚かすことの無いようにです。
そうすると、波の上に乗った木の葉のように船は大揺れに揺れます。
気持ち悪いことこのうえなのですが、クジラは目の前。



あ、親子で現れました!
右の大きなひれが親。
小さく見えるのが子供です。




2頭が仲良く並んで泳いでいます。

もっと顔を出したのですが、シャッターチャンスが少しずれてしまいました。

なかなかスリムでツヤツヤした体表が太陽光を浴びてとてもキレイです。
エネルギー満点の2頭。


 

元気よく何回も、飛び跳ねる子クジラ


 

その近くで共に遊ぶ母クジラ

親クジラは静かにフルークアップします。





やった!!

クジラの潮吹きです!

高く上がっていて、細かなミストで虹が見えていました。

ザトウクジラは海上でのパフォーマンスが派手なために、
こうして「ホエールウォッチング」に人気があります。

目の前にこうして見ることが出来ると本当に感動です。。。。







「フルークアップ!」
尾を高く上げて深く潜るときに行うそうですが、海面を叩くような仕草が私たちへの挨拶のようで、じんわり来ました。

ここまで沢山遊んでくれるのはラッキーなのだとか!!
クジラのPHの構想を練っていた私たちはこの親子に御礼を沢山沢山言って、海を後にしました。



クジラの去ったあとの海は光が満ちて皆が同時に祝福を受けているようでした。
この大海原で堂々たる体躯を見せ付けてくれた2頭。


その輝き。
その力強さ。


クジラのエネルギーによってたっぷりの浄化があったことは言うまでもありません。

とても穏やかな海で、近くに止まっている船の乗客は元気いっぱいでしたが、
気が付けば私の乗った船では乗船者の7割が倒れみ「大浄化船」となっていました。

私はクジラに出会ったと同時に浄化により船頭で立てなくなりました・・・・

クジラのエネルギーはパワフルです。


この出会いとエネルギーよ!
どうぞ皆さんに届け!!








カラーエナジーワールド 沖縄ヒーリングサロン
当HP内の文章・画像の無許可転載・転用を禁止します。
 Copyright c 2008 Okinawa Healing Salon All Rights Reserved

青トップ ホーム